So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国崩壊!アメリカ大激怒!34億使い調査した結果!全くのデタラメ [政治]

スポンサーリンク


73afb5bc.jpg

慰安婦問題の真相を調べるため
米政府が3千万ドル(約34億円)を投じて
調査を行った。

問題は、第二次世界大戦、日本帝国陸軍が
約20万人の韓国人を始めとするアジア人女性を
強制連行して性奴隷にした容疑についてだ。

それらは主に韓国からの主張であり
現在も行われている。

日本政府は強制連行の証拠は無いとして
一貫して主張を否定。

この状況に米政府は3千万ドル(約34億円)
約7年の歳月をかけて慰安婦の主張を
証明する証拠集めを実施した。

多くの米政府職員や歴史学者、
過去の公文書を徹底して調査した結果
有力な証拠は何もなかった。しかし数多くの証明を得られない主張が
未だに韓国から次々と出ている。

さらにそれが、本当だったとしても
韓国人の主張は正当化するのが難しい。

その当時の韓国を含む朝鮮半島は、
日本の一部であり
日本軍には韓国人の兵士が数多く存在した。

日本軍が20万人の女性を強制連行をした
ということは韓国人兵士もまた韓国人女性
の強制連行に加担していたことになる。


さらに事体は複雑だ。
現在、朴槿恵大統領は、日本が多くの
韓国人女性を強制連行したと
何度もしつこく責め立てている。

主張は一貫して数十万人の韓国女性を
性奴隷にするために強制連行したということ。

しかし、韓国人男性が日本軍の行為に
抵抗して戦った証拠は存在しない。


当時の朝鮮半島の人口は約2,300万人
現在のテキサス州の人口とほぼ同じ。

たとえばテキサス州の女性を20万人
強制連行しようとすると何が起きるか。
いくら軍とは言え、抵抗するものは
少なくはないだろう。


各地で暴動が起き、兵士にも相当な被害が
あったことは想像に難くない。

そして、軍による虐殺事件と発展していく。


しかし、そんな事件が山のように出るはずの
証拠は何もないのだ。


すなわち、もし韓国の主張が本当だったと
したら韓国政府は、韓国人男性は臆病者で、
しかも協力者として存在したと言ったも同然だ。


では、日本側から見てみるとどうだろう
日本軍は米国、豪、英国、中国を始めとする
連合国と戦争している真っ最中だ。

どう考えても、暴動が起きる事が容易に
想像できる、あの時期に軍を割く
余裕があっただろうか。


20万人もの女性を強制連行するとなると
監視、移動コスト、物資の問題もある。

日本の物資、兵士不足の状況下で
そんな目的で物資を消費する事は
自殺行為にも等しい。


そもそも、日本人は優れた技術を有し
軍事戦略をたてる事にもとても優れていた。

そんな日本軍にあって存亡の危機が迫っている
あの時期に将軍らが貴重な資源を
女性の強制連行などに消費することは
到底考えられない。


彼らは戦争の真っ最中だった。

20万人の女性を強制連行することの
愚かさが常識として分かるだろう。

日本の反応





【YOUTUBE】マスコミが言わない暴露ちゃんねる


カテゴリ別、記事一覧
【一般】   【政治】   【芸能】   【面白】   【(姉妹サイト)今日のみつけた】   【YOUTUBEで仕事を辞めストレス無い生活を】

★TOPページに戻る★


test
めぐたんの姉妹リンク
美容化粧/健康食品/便利グッズなど!女の子ならではの視点で選ぶ!


スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

RSS Feed Widget

【完全無料】ネットで稼ぎたい人のメルマガ



自宅のパソコン1台で出来る最新の稼ぎ方と
日々の生活にちょっとだけ得するお役立ち情報など
1日1分で読めるメルマガにしました。

【注目】登録者プレゼント実施中!
↓↓≫詳しくは画像をクリック≪↓↓
名前(ニックネーム可)
メールアドレス
カウントダウンタイマー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。