So-net無料ブログ作成

弱虫ペダル、少年ジャンプを戦力外通告!?それでも・・・・ [一般]

スポンサーリンク


355524_615.jpg

大ヒット漫画「弱虫ペダル」の作者

渡辺航氏にインテビューの中で

少年ジャンプを戦力外通知を受け

青年誌への移動を示唆されたエピソード


しかし、少年誌が好きで、少年誌で描きたい。

そんな思いが強く伝わってきた。



5月には39年ぶりの講談社漫画賞(少年部門)を受賞。

8月28日には『劇場版 弱虫ペダル』が公開される。


インタビューの中で弱虫ペダルの主人公

小野田坂道のような

負けない、前向きな姿勢が垣間見え

ああ弱虫ペダルは、この人あってこそなんだ

と思わせた。



――弱虫ペダルなどのヒットで、

アラフォーブレイクした渡辺さんですが、

ブレイクまでの道のりは

いろいろ苦労や試練があったと聞いています。
渡辺:僕としては、そんな試練なんて

覚えはないんですよね。


例えば、どんなことですか?



――ある作品の連載中に、

編集部の意向で別の作品を描いたら、

最終的に2つとも打ち切られたとか……



渡辺:みんな好きですよね、そういう話w

さすがに「なんでだよ!」と思うこともありましたが、

落ち込むほどマイナスには思っていませんでした。


むしろ、

自分の中ではラッキーだなと思いながらやってきました。



――もう少しくわしく教えてくれますか?


渡辺:僕は「週刊少年ジャンプ」が好きだったので

漫画を投稿して15歳で賞をもらったとき、

すぐに『ジャンプ』で連載できると思っていたんです。


ところが、

若い作家さんがどんどんデビューしていくけど

自分は連載が取れない。


そのときは「担当者が悪い」と思ったり、

目立つ為に奇想天外なアイデアに走ったりしましたが、

後になって考えると、

答えはシンプル。


ただの努力不足ということに気づきました。



――気づいたきっかけ、

そう思えた、きっかけは何だったのですか?


渡辺:「ジャンプ」から戦力外通告を受けた時ですね。

編集さんに「青年誌を紹介するよ」と言われて、

「答えを保留させてください」と

いったんは引き下がったんですが・・・・


1週間たって初めて

「もう自分の夢は叶わないんだな」と気づいて。


それから半年は、さすがに漫画が描けなかったですね。


そこで、もう一度自分の胸に「青年誌に行きたいか?」

と聞いてみたとき、思ったんです。


「自分が心焦がしたのは少年漫画だから、

もう一度少年誌で描きたい」



――漫画家をあきらめることは考えなかったのでしょうか?


渡辺:ないですね。やっぱり漫画が好きなんですよ。

テレビや映画はどこからか制限がかかるし、

イラストや写真だって、

雑誌に掲載される以上はトリミングされたり、

変な文字が載ったりして、

どこか改ざんされるじゃないですか。


そんな中で漫画は別格です。


漫画は描いたものがほとんど全部そのままで届く。

しかもあの情報量です。


自分の伝えたい熱がそのまま伝わるんです。

こんなすごいメディアは他にないなって


アニメラジオチャンネル forユーチューブ



【YOUTUBE】マスコミが言わない暴露ちゃんねる


カテゴリ別、記事一覧
【一般】   【政治】   【芸能】   【面白】   【(姉妹サイト)今日のみつけた】   【YOUTUBEで仕事を辞めストレス無い生活を】

★TOPページに戻る★


test
めぐたんの姉妹リンク
美容化粧/健康食品/便利グッズなど!女の子ならではの視点で選ぶ!


スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

RSS Feed Widget

【完全無料】ネットで稼ぎたい人のメルマガ



自宅のパソコン1台で出来る最新の稼ぎ方と
日々の生活にちょっとだけ得するお役立ち情報など
1日1分で読めるメルマガにしました。

【注目】登録者プレゼント実施中!
↓↓≫詳しくは画像をクリック≪↓↓
名前(ニックネーム可)
メールアドレス
カウントダウンタイマー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。